沿革

昭和37年   3月 組合設立認可(東京通商産業局)
  4月 組合設立(組合員21社/出資金540万円/初代理事長 幸田秀一)
  8月 農地転用許可
12月

工事着手

    

昭和39年 10月

主要施設竣工。落成式挙行

昭和43年   8月 後継者(二世)の会結成
昭和44年   6月 団地PR映画制作
昭和45年   2月 共同板金作業所を協業化法人に改組(現 ハイデン工業(株))
昭和46年   8月 第二次建設工事完了
  9月 労働大臣表彰(共同福祉施設設置。運営優秀団体)
昭和48年   5月

厚生施設/体育館完成

10月

創立10周年式典

昭和49年   5月 厚生施設/テニスコート(一面)建設

  8月

厚生施設/日用品マーケット開設
昭和52年   5月 常務理事制を廃し、副理事長制を設ける
昭和53年 10月

創立15周年式典。運動会実施

昭和56年   5月 組合専従職員定年を60歳に延長
11月 通商産業大臣表彰
昭和57年 10月

創立20周年式典。カラオケ大会実施

    

昭和62年   1月 幸田理事長死去。二代目理事長 白川一郎 就任
10月

創立25周年式典

    

昭和63年   2月 組合東京事務所移転(~平成6年7月 現所へ復帰)
  4月 団地内診療所閉鎖…組合共同倉庫へ転用
11月 労働大臣表彰(中小企業労務改善団体)
平成  2年   7月 茨城県よりリフレッシュ休暇普及促進事業推進団体に指定される
10月 商工中金の総代組合に当選(~平成6年)
平成  4年   3月 資材マーケットを増築
10月

創立30周年式典。外国人研修生受け入れ事業開始(~平成6年3月)

    

平成  5年 10月 団地内企業案内看板完成
平成  6年 12月 「事業主団体短時間労働者雇用管理改善事業」取組(~平成9年3月)
平成  7年   5月 三代目理事長 宇賀神正 就任
平成  9年 10月 創立35周年式典
平成10年   1月 プール取壊し…跡地を組合共同駐車場へ転用
  3月 マイクロバス運行事業中止(利用者減少・車輛老朽化による)
平成12年   7月 厚生大臣感謝状(献血運動推進優良団体)
平成14年 10月

創立40周年(景況勘案し、平成15年度に繰り下げて記念誌のみ刊行)

11月 厚生労働大臣表彰(技能検定推進優良団体)
平成15年   4月 体育館閉鎖…組合共同倉庫へ転用
平成19年   2月 関係法令等改正に合わせ組合事業、組合員資格等、大幅に定款変更
  3月 上記定款変更認可(関東経済産業局・関東農政局)
  5月 四代目理事長 白川節太郎 就任
10月

創立45周年(景況勘案し、記念誌のみ刊行)

「技能五輪いばらき大会」推進協議会に参画(~平成22年3月)
平成21年   3月 食堂閉鎖…組合共同倉庫(作業場)へ暫定転用
平成23年   3月 組合団地事務所改修(屋根)工事完了
平成24年   4月 構内道路改修(一部。団地創設以降初の本格改修)完了
  10月  創立50周年式典、記念イベント実施。ホームページ開設。団地の”愛称”は「テクノパーク古河」に決定
平成25年  3月 関係法令の改正、組合青年部の新設等に併せて定款を変更(認可)
    4月 組合青年部が発足(創立総会開催)
   11月 AED<自動体外式除細動器>を導入(設置)。以降 随時 救急法講習会を開催
平成26年  7月 正門門扉更新。防犯カメラ設置
平成27年  5月 団地内水道の給水方式を圧力タンクによる加圧方式に転換(給水塔を撤去)
平成29年  2月  組合東京事務所を移転(港区芝大門→港区芝浦へ)
 5月 五代目理事長 久保田勝三 就任